「法律事務所×家事手伝い3 不動正義と水沢花梨とハルの子どもたち」

目線があったその日から”家事手伝い”にハルがくる!

弁護士事務所という「家事」を手伝う不動正義、その奮闘と失恋を描いたホーム(法務)&ハートフルコメディ──〝すべての大人たちに向けたライトノベル〟第3弾! 「パート1・2」を読んでいなくても楽しんでいただけます。

<あらすじ>

 父親を継いで弁護士になることができなかった男・不動正義(ふどう・まさよし)。今回彼が出会ったのは、雑司ケ谷界隈では群を抜いて背の高い女性・岸川ハル(きしかわ・はる)。海外で結婚し、息子を連れて一時帰国している彼女の息子のために、日本人の友だちを作ってやると約束した正義が持ち出した〝秘密兵器〟とは──?

 一方、家賃を滞納し、あやうく「強制執行」されそうになった小田貫万作(おだぬき・まんさく)という年配の男。アル中で金のない彼の生活を立て直し、家賃を回収する役目も正義に振られてくる。だが、男には「生活保護」を申請できないある理由があった。

 さらに、正義の義理の妹・水沢花梨(みずさわ・かりん)は今回、娘・汐里(しおり)の同級生の要望で「七福稲荷(しちふくいなり)」という稲荷寿司を作るために翻弄される。

〝過去の自分〟を思い起こさせる子どもたちと〝未来の自分〟を心配させる男のあいだに立って、うろうろと戸惑いつづける不動正義、果たして物語の結末は──?

© 2019-2020 by TokyoConteBros.