「法律事務所×家事手伝い 外伝 秋」

「四季」に分けた短編エピソードシリーズ。第2弾は「秋」編!

長編シリーズが「プログラムピクチャー」だとしたら、外伝は「テレビシリーズ」の手軽さでお読みいただけます。

 

<第1話 真夜中の三毛猫>
 正義の幼なじみ夏越圭介が経営するカフェ&ワインバー〈三毛猫〉に現れた青年、加瀬又三郎(かせ・またさぶろう)が、二百十日から秋のお彼岸までの約三週間だけ、真夜中の〈三毛猫〉を貸してほしいという。

 

 彼が真夜中に売るのは、賞味期限が間近になった「非常食」ばかり。そんな不思議な店に真夜中を彷徨う客たちが集まってくる。果たして〈真夜中の三毛猫〉の顛末は? 加瀬又三郎とはいったい何者なのか……!?

<第2話 正義に恋した秋>
「不眠症」になってしまった不動正義。原因は〈不動法律事務所〉の資料庫の整理がはじまったことにあるらしい。その作業を任されたのは、女子大生アルバイトの三好火禾子(みよし・あきこ)だった。

 

 天性の「分類・整理好き」の彼女は、大学の恋愛心理学レポートにかこつけて、あろうことか正義の過去の「恋愛遍歴」を調べはじめる。やがて彼女は、彼が「恋に落ちる瞬間」を目の当たりにすることになるのだが、その相手とは……!?

<第3話 眠れる庭の美女>
 加瀬又三郎から〈真夜中の三毛猫〉を任された不動正義は、民泊開業を目指す1歳年上の女性・里見輝夜子(さとみ・きよこ)の自宅の「庭」に張られたグランピングテントに寝泊まりして実証実験を手伝っている。これらに加えて本来の“家事手伝い”の仕事もこなし、生活のバランスが完璧にとれてしまった正義。

 一方、東京に戻って来られない又三郎は、ある人物の依頼で「360度パノラマカメラ」を使った動画配信で〈真夜中の三毛猫〉のようすを探ろうとするが、そのことがすべてのバランスを危うくしはじめる。


 ゆる~くつづく「秋」3部作……いったいどう決着する?

© 2019-2020 by TokyoConteBros.