「ミステリーズ・マスト・ゴー・オン」

たとえ死者の言葉が聞けても、謎は簡単には終わらない。

それが「ミステリーズ・マスト・ゴー・オン」

完全版

完全版

「ミステリーズ・マスト・ゴー・オン」 自分の“死”を受け止められない「霊体」を納得させるために奔走する「死の化身」 ──そして、それに巻き込まれる「選ばれた者」たち。 ルールは3つ──。 1.「遺体」の火葬までに事件を解決しなければならない 2.「遺体」と「霊体」の両方を目にしてはならない 3.「霊体」に背中を向けさせてはならない ・「被害者側の証人」 ・「零鑑捜査」 ・「葬儀プラス1」 を1冊にまとめ、 ・掌編「黒土という名前」 を新たに書き加えた「完全版」。

分冊版1

分冊版1

「被害者側の証人」 演劇集団テアトローの俳優・白埜(しらの)三四郎は、とある理由から舞台に立てなくなって以来、黒づくめの不思議な男・黒土(くろど)との付き合いがはじまった。 自らを「死の化身」だという黒土は、彼に特殊な能力を与える。 死者が火葬されるまでの間、その「霊体」の姿を見て、話して、いっしょに行動することができる能力だった。 そんな彼に黒土が引き合わせた「霊体」は、かつては同じ劇団に所属していて、今はテレビで人気の女優・瀧川マヤ──そう、彼女は殺されてしまったのだ。 ところが、当の彼女は事件の真相を話そうとしない。おまけに生前の彼女には、死亡推定時刻には殺されたはずがない“アリバイ”があった。 彼女に対する過去の想いを抱えながら、「被害者側の証人」として、事件の真相に迫ろうとする三四郎。 果たして死者の“アリバイ”を崩すことができるのか?

分冊版2

分冊版2

「零鑑捜査」 警視庁刑事部捜査第一課の女性刑事・櫻田真純(ますみ)警部補は、警視庁随一の「死体発見率」を誇り、「霊感」で捜査すると揶揄されていた。 というのも、「死の化身」と名乗る黒づくめの不思議な男・黒土(くろど)が、毎度毎度、彼女を殺人現場の「遺体」に引き合わせるからだった。 とある公園で起きた集団自殺事件で、5人の死者のうちの1人が“自殺のルール”を外れていたことから、殺人事件の可能性が疑われる。 おまけに、死者の「霊体」の話が聞ける黒土は、「被害者側の証人」として、そのうちの1人には自殺した覚えがまったくないと伝えてくる。 古巣の所轄署強行犯捜査係に戻り、若手の刑事と捜査を開始した彼女の前に、予想外の容疑者が浮上してくる。 ところが、死者の「霊体」は、なぜかそれを否定して……。

分冊版3

分冊版3

「葬儀プラス1」 東京・雑司が谷に店を構える女性占い師・月川かほりは、「死の化身」と名乗る黒づくめの不思議な男・黒土(くろど)と奇妙な因縁があった。 黒土は彼女に「遺体」が火葬されるまでの間、 その「霊体」の姿を見て、話して、いっしょに行動することができる能力を与え、殺害された1人の老婆の「霊体」に引き合わせた。 老婆は、自分を殺した容疑で逮捕された介護ヘルパーは犯人ではないと主張する。 その証明には、事件の一場面を目撃した男性の証言を覆さなければならない。 さらに彼女は、真相を暴くよりも、もっと大切なことを抱えているらしい。 かほりは、「被害者側の証人」として、警視庁刑事部捜査第一課の櫻田真純(ますみ)警部補や、演劇集団テアトローの俳優・白埜(しらの)三四郎とともに、事件解決に奔走することになる……。

© 2019-2020 by TokyoConteBros. 

分冊版1

「被害者側の証人」 演劇集団テアトローの俳優・白埜(しらの)三四郎は、とある理由から舞台に立てなくなって以来、黒づくめの不思議な男・黒土(くろど)との付き合いがはじまった。 自らを「死の化身」だという黒土は、彼に特殊な能力を与える。 死者が火葬されるまでの間、その「霊体」の姿を見て、話して、いっしょに行動することができる能力だった。 そんな彼に黒土が引き合わせた「霊体」は、かつては同じ劇団に所属していて、今はテレビで人気の女優・瀧川マヤ──そう、彼女は殺されてしまったのだ。 ところが、当の彼女は事件の真相を話そうとしない。おまけに生前の彼女には、死亡推定時刻には殺されたはずがない“アリバイ”があった。 彼女に対する過去の想いを抱えながら、「被害者側の証人」として、事件の真相に迫ろうとする三四郎。 果たして死者の“アリバイ”を崩すことができるのか?